返回首页
当前位置: 主页 > 日语考试 >

日本语能力测试2级阅读练习1

时间:2020-08-03 13:09  
核心提示:次の文を読んであとの問いに答えなさい答えは、A~Dの中からも適当なものをそれぞれ一つずつ選びなさい。 郵便の利用が(1)早く確実にとどけるために郵便の機械化がいろいろ試

次の文を読んであとの問いに答えなさい答えは、A~Dの中からも適当なものをそれぞれ一つずつ選びなさい。

郵便の利用が(1)早く確実にとどけるために郵便の機械化がいろいろ試みられるようになりました。なかでも昭和43年から、郵便物のあて先を番号で区分けする郵便番号自動読み取り区分機が使われるようになって作業の能率はいちだんと向上しました。その他さまざまな面の機械化がすすめられています。

近よく「レタックス」とか「インテルポスト」ということばが新聞やテレビでとりあげられています。これは電子郵便のことで、日本では昭和56年から、とろあつかいがはじめられました。きめられた用紙に手紙を書いて郵便局に申し込むと、ファクシミリという機械で書いたものがすぐに相手の郵便局へ電送され、そこから速達であて先にとどけられます。大学の合格通知に電報にかわって電子郵便を利用する大学がふえています。

このような新しいシステムを使うと、どうしても機械のつごうによって、用紙がかぎられてしまいます(2)。それで、事務的な連絡ならかまわないが、私的な手紙には(3)という人もいます。

手紙ということばの、もとの意味を考えれば、その気持ちもわかります。手」とは自筆の文字のことです。紙にみずから筆をとって思いをこめた文字をしたためるーそれが手紙」です。うけとった人は、使われている紙のようすや、もじのすがた形からさしだし人の人がらをしのびながら(4)読むものでした。いまでも、みまさんおなかには、便せんや封筒を、(5)えらんで買う人がいるのではありませんか。

このごろはワープロという便利なものも普及して、欧米人のタイプライターのように、個人の手紙にも利用する人がふえてきました。それはそれでいいでしょう。でも自分の名前だけは、ちゃんと手でかきたいものです。それは、あなた自身がかいたという(6)なのです。

それから、電話が普及して、手紙を書く(7)とも、よくいわれます。たしかに電話は、その場で返事がきかれて、(8)。でも、あいての顔を思いうじゃべながら、ことばをえらんで手紙を書く、それをポストに入れ、いつとどくか、もう読んでくれたか、返事はいつつくかと、ひとり胸をときめかせる(9)ーこんなたのしみを味わわせてくれるのは、手紙しかありません。めいめいが、あいての心も思いやりながら、自分の心も深くふりかえってみる時間をもつことになります。なにごともいそがしい現代の社会で、これはにぜいたくな"心のおしゃれ"ではないでしょうか。

問い1

(1)にはどんあことばが入ると思いますか。

A ふえるようにBふえるにつれて

C ふえるに反してDふえながら

問い2

(2)はどんな意味ですか。

A使える用紙の種類がすくなくなってしまう。

B用紙がいたんでしまう場合がある。

C小さな用紙しかつかえなくなtっつぃまう。

D用紙にわじかな文字しか書けなくなってしまう。

問い3

(3)に入りにくいことばはどれですか。

A使いたくないB使うべきではない

C使えないD使ったほうがいい

問い4

(4)はどんな意味ですか。

Aその人の昔のすがたをなつかしみながら

Bその人が手紙を書いている様子を連想しながら

Cその人の性格をなつかしく思い出しながら

Dその人が本当に自分で書いたものか考えながら